高血圧とは

高血圧

高血圧は、血圧が正常範囲を超えて高く維持されている状態です。日本人にはとても多い病気であり、放置している方も少なくないようですが、早めの治療が肝心です。放っておくと、その高い圧力によって血管壁にストレスがかかり、動脈硬化が生じて心不全や狭心症、心筋梗塞といった心臓血管系の病気を招いたり、または脳出血、脳梗塞の原因になったりします。
 高血圧症の中には、生活習慣に伴う高血圧症(本態性高血圧症)と身体で過剰に産生されてしまうホルモンなどによって引き起こされる高血圧症(2次性高血圧症)とがあります。
本態性高血圧症の場合には、生活習慣の改善が第一に行う治療ですが、2次性高血圧症の場合には、まずはしっかりと原因を見つけ、診断をして治療を行う必要があります。当院では内分泌内科を含めた総合内科専門医の資格を有する医師が総合的に診断、診療します。

高血圧症の主な原因

  • 塩分の摂りすぎ
  • 食事でのミネラル分の不足
  • 太り過ぎ(カロリーの摂取オーバー)
  • お酒の飲みすぎ
  • 精神的ストレス
  • 運動不足
  • 加齢
  • 喫煙
  • 二次性(ホルモンの異常によるもの)
  • など

高血圧の治療

まず行うことは、適正な体重にし、適度な運動を心がけ、減塩に努めるなど生活習慣の見直し、改善になります。その結果、薬を使用した方が望ましい場合には降圧薬を処方します。降圧薬は指示通りしっかり飲むことも大切です。一度薬を飲み始めたら、一生やめられないと心配されている方が少なくないようですが、だんだんと良くなってくれば薬を減らしたり、やめたりすることも可能です。日々の血圧を自宅で測定して頂く家庭血圧の記録をすることも治療の一つになります。朝、夕と指示されたタイミングに自宅で血圧を測定し、血圧手帳などに記録したものを診察の際に一緒に見直すことで改善に繋げていくこともできます。